趣味を楽しむDr.Kのホームページ

− 房総ソルトゲーム迷走伝 −

このサイトは、主にDr.Kによるソルトルアーフィッシングの迷走の記録である。これまで餌釣りしか経験のないDr.Kが、迷走しながら見よう見まねで挑戦する。ただ、‘食べるために釣る’という原点は何も変わらない。
房総で迷走しているDr.Kを見かけたら、その時は優しく励ましの言葉をかけてください。σ(^^)

当サイトはJavascript、CSSを使用しています。 文字サイズ:中で最適化しています。

横区切り線
縦区切り線

Dr.Kのソルトゲーム

リストマークゲームタックル

ソルトゲームで使用しているタックルは以下のとおり。迷走から学ぶ超基本のDr.K's ポイントは、これらのタックルによる実釣をベースにしている。

リストマークウルトラライトゲーム

ロッド
シマノ ソアレBBアジングS604ULS
(全長1.93m/66g ソリッドティップ)
リール
シマノ 13ソアレCI4+C2000PGSS(160g)
ライン
フロロカーボン2lb(0.4〜0.5号)※lb.TEST
リーダー
フロロカーボン4lb〜5lb(1.0号)※lb.TEST
ソアレアジングBB ソアレCI4+C2000S モノライン
リストマークインプレ

このロッドは、しなやかなティップで乗せ、張りのあるベリーで掛ける「乗せ掛け調子」。掛け調子の感度ビンビンとはいかないが、その分、豆アジのバイトを弾きにくい。短いレングスは、常夜灯周りなど、ジグ単による近距離戦を得意とする。

ロッドとカウンターウエイト

しなやかな分、様々な魚種にも対応できるが、操作性から軽量プラグやマイクロメタルジグは、4g程度までに抑えた方がよい。

ティップは繊細な一方、3、40cm程度のセイゴは普通に浮き上がらせるバットパワーも持っている。コスパのよいライトゲーム入門用モデルだ。

マグナムライトローター搭載のソアレCI4+とのバランスは、微妙に先重りとなり、好みによって微調整を行うくらい。

リストマークライト〜ミディアムライトゲーム、エギング

ロッド
ゼスタ ブラックスターセカンドジェネレーションS83
(全長2.52m/91g チューブラーティップ)
リール
シマノ 15ストラディック3000XGM
(2500S用シャロースプールに換装 235g)
ライン
PE0.5号〜0.6号(10〜14lb)※lb.CLASS
リーダー
フロロカーボン1.5号〜2号(7〜9.5lb)※lb.TEST
ブラックスター ストラディック 替えスプール
リストマークインプレ

ゴロタ、サーフ、堤防などでジグヘッドやリグ、メタルジグ、プラグを使うオールラウンダーなモデル。ハードそうにも感じるが、しなやかなティップを併せ持ち、3.5gのキャロリグでも、ティップのしなりで十分に投げることができる。PEとチューブラーティップが相まって、バイトもよく伝わる。1.8号シャロー用のエギもしっかり操作可能。

また、15g程度のエギやメタルジグも、ベリーがいい働きをして、きれいに飛んでいく。

ロッドとカウンターウエイト

しなやかなティップと、トルクフルなベリー、バットパワーが1.5〜20gと適応ウェイトの幅広に繋がっているのだろう。エギングには、ティップが少し柔らかいかもしれないが、状況によっては反って乗りがいいかもしれない。

ロッドバランスは、15ストラディックを装着しているにも関わらず、先重り感がある。カウンターウエイトが必要だ。

シンカースパイラルチューブ完成製作部品

リストマークライトショアジギング、サーフフラットゲーム

ロッド
未定
リール
シマノ 15ストラディック3000XGM(250g)
ライン
PE1.0号程度を予定
リーダー
未定

リストマークランディングギア

シャフト
アルファタックル ランディングギアシャフトナノ400
(4m/435g 9本継 仕舞寸法56cm ベルトハンガー付属)
プロックス ワンピースアルミフレーム/オーバル35
(35cm×39cm ラバーコーティングネット)
その他
昌栄 フレックスアームVer2ロックタイプ
シャフト 枠・ネット ジョイント
リストマークインプレ

シャフトは、ランガンに便利な軽量小継タイプでベルトハンガーも付属する。張りもそれなりで、通常使用では十分。

ランディングギア

枠は魚を取り込み易いオーバル型。魚に優しいラバーコーティングを施したネットでメンテナンスもしやすい。40×55も所有しているが、これだとかなり大きい。

枠とシャフトを接続するのは、定番のフレックスアーム。移動に便利なロックタイプは使いづらいとの声もあるが、慣れれば問題ない。使用しているゴールド色は暗闇でも視認性をアップしてくれる。

これで総重量は約700g。ライフジャケットの背中のD環に吊るしている。

横区切り線

リストマークページの一番上に戻る

HOMEへ

 
inserted by FC2 system