Dr.K&Jr.Yの釣り日記

横区切り線

横区切り線

暫く釣りに行っていないDr.K。というか行けません。 今年から、Dr.KはJr.Yと離れ別学年の少年野球指導者に。 Dr.KもJr.Yも土日祝日は野球漬けの日々なのです。

しかし、本日は昨日の雨と終日の雨予報でDr.Kの公式戦は流れ、Jr.Yのチームも練習休み。 実際、雨はというと、小康状態。いやほとんど降っていません。 少々の雨なら練習強行の強豪チーム。こんな状況は滅多に訪れません。

Jr.Yに久しぶりにテナガ行くかと尋ねると「行く!」。潮廻りからは昼前後がチャンス。 その旨を伝えましたが、遊びに夢中のJr.Yは外に飛び出して行ってしまいました。

その間、Dr.Kは仕掛けの確認。2年前のものがそのまま仕掛け巻きに残っています。 餌の確保で小学校に出かけましたが、昨晩の雨で採取が難航。数匹しか見つかりません。 鈎のストックも少なかったため、行きに購入することで妥協しました。

そうこうしているうちに、Jr.Yが帰ってきましたが既に昼過ぎ。 昼食を済ませたら13:30になっていました。次のチャンスは夕方17時以降。 それでも行くというので、釣りにならないの覚悟で出掛けました。

HM川 釣具屋に寄って現地到着は14:20。一家族が既に先着しています。 案の定、かなり引き潮状態で釣り場が限定されています。 ちゃっちゃと支度して実釣開始が14:30。

HM川 先着家族にテナガがたまに掛りますが、我が家には全く来ません。 そのうち人も増えてきて、潮も引き、釣りになりません。 水深がとれる箇所で粘り、Jr.Yがやっと1匹を確保。

1時間が経過し、諦めて帰るか聞いてみましたが、 「いつからに釣りになるのか」と。 「16:30〜17:00くらいからじゃないか」 と答えると 「それまで待つ!」。 久しぶりの釣りにJr.Yも簡単には引き下がれない様子です。

Jr.Y 潮が動き出すまでじっと待ちます。16:30を過ぎて徐々に潮が動き出すと当たりが出始めました。 だんだん水深も確保されてきて、餌を打つたびに掛かります。 こうなると、ここでの釣り方を熟知しているDr.Kはアグレッシブにポイントを変えていきます。

テナガは数が上がってこそおいしいというもの。1箇所にじっとしていると数が伸びません。 (やっぱり、ここはある程度の水深と潮が動いていないと駄目なのね。)

釣果 17:30までにかなりの数を釣りました。抱卵メスも掛かりましたが、例によってリリースです。 18:00まで粘り、20匹を確保して釣り場を後にしました。

久しぶりの釣りと泥抜き後のテナガの食味にJr.Yも満足したよう。

戻る

inserted by FC2 system