Dr.K&Jr.Yの釣り日記

横区切り線

横区切り線

8月後半以降の釣行はままならないため、最後は空いている平日釣行でと考えていました。 各釣場も混むであろう盆時期を避けるためにも、盆前の今日、Let's Go!です。 場所は、ここのところ夕マズメに実績のあるKU港を目指します。

KU港 Jr.Yも夏休みですし、家を早めに出て明るいうちからシロギスのチョイ投げで楽しむことに。 13:30に家を出発し、途中コマセや青イソメ(ジャリメは高いですから!)を買い込んで、 15:20にKU港に到着しました。がらがらです。(OH! 何て素晴らしい。予定どおりです。)

早速、市場入り口の特等席に場所を陣取り、チョイ投げ、延竿トリック&サビキ、 投げサビキと準備していきます。チョイ投げはジェット天秤10号に競技用キス7号の2本鈎。 トリックは6号カラ鈎仕様。サビキは特売フラッシャーピンクスキン6号です。 投げサビキには、がまかつ魚皮7号をチョイスしました。自作4本鈎仕様です。

16:00実釣開始。チョイ投げをさびきつつ、延竿に時々コマセを入れます。 しかし、...シーン。全然釣れません。そして暑いです。 Beerを飲み飲み、涼をとりますが、汗がしたたり落ちます。 17:00過ぎ、やっとシロギス特有の「ブルン、ブルン」というアタリがありましたが、 痛恨のノーフック。延竿トリックは竿先が2度ほど引き込まれましたが、 クサフグと豆シマダイが1匹ずつでした。(ショック!!)

17:30も過ぎ、スジハゼのみのチョイ投げを諦めてアジにチェンジです。 延竿サビキとトリックに、本格的にコマセを詰めて戦闘開始です。 チョイ投げの代わりには投げサビキです。

投げサビキのアジ 投げサビキ3投目くらいに勢いよくウキが消し込みました。 Jr.Yに巻き上げさせると優に20pオーバーのアジです。良型ゲットです。 周りの方の投げサビキにも来始めました。まだまだ足元には来ないようです。 我が家は更に投げで1匹追釣です。

18:30を過ぎると、いよいよ延竿が引き込まれるようになりました。 ほとんどトリックです。そこでピンクスキンもトリックに変え、トリック2本体制にしました。 交互にいいペースで釣り上がります。換わって投げサビキにアタリがなくなったので、 カゴ吹き流し(えびそっくり7号+バイオワーム)に交換です。 すると、周りの投げサビキは全く駄目な中、カゴはいいペースでウキが消し込まれます。 トリックは15p前後、カゴは18p〜20pの小アジです。

KU港 19:30前、1本のトリック仕掛けが絡み、再びフラッシャーピンクスキンに。 サビキはトリックに比べてかなりのペースダウンです。 しかし、このピンクスキンにはムツが掛かります(ブラボー!高級魚)。 20p弱のマイワシも来ました。 一方、トリックにはメアジ(これまた、美味スィー)が混ざりながら、 確実に小アジが。

しかし、20時を過ぎた時、もう1本のトリックも絡んでしまいました。ガーン! トリック打ち止めです。でも、今日の俺は諦めない! 良竿さんの言葉を思い出し、がまかつ魚皮6号にアミエビを擦り付け、再び海へ。 でも、これが正解。小アジはトリックもどきを喰ってくれます。

お隣 さすがに20時を過ぎると周りもペースダウンし始めましたが、 カゴ、延竿と飽きない程に釣れ続きます。 21時過ぎ、疲れ切ったDr.K&Jr.Yは、帰路のこともあり、打ち止めといたしました。 お隣からは「もう終わりですか」と声を掛けられましたが、終わりですあまり釣っても、捌くのが辛いんです。(いい響きだぁ〜)

釣果 今日の結果は、以下のとおりでした。

帰りはクワガタを探しつつ、自宅へ向かいましたがカブトムシのみ。 ウグイスラインでJr.Yが拾おうとしたカブトムシは目の前で対向車に「プチッ!」。 ☆になりました。今シーズン最後になるかもしれない釣りで、いい釣りが出来ました。 Jr.Yも夏休みの釣りを十分楽しんだようです。

リストマーク追伸

今KU港では口の乱暴な若い漁師(自称)が俳諧しています。 夜になると漁師さん達が当番でゴミのチェックをしているとのこと(本当かどうか?)。

皆の釣りをチェックし、釣れなそうだとトリック仕掛けを配ったり、 釣り方を伝授したりしています(ちょっとお節介が過ぎますが)。 それはそれで素晴らしいことなのですが、口が汚い汚い(半分酔っている状態かな)。

港の中に車を乗り込んで釣りを始め様としている人には、 「車すぐ出せ!海に突き落とすぞ、ぶっ殺されてぇのか!」と(ここは車進入禁止です)。 凄い言い方だねと聞くと、「車は入っちゃいけないと大きく書いてあるんだから」

その後も態度の悪い若者に「てぇめぇー、直ぐ帰れ!海ぶっ込むぞ!漁師をなめたらぶっ殺すぞ! おーい誰か包丁を持って来い」と追い出していました。

悪口雑言で怒鳴り散らす方も散らす方。釣れてますか?ゴミは片付けてと普通に話しかければ、 返事もろくにしないで悪たれつく若者達も若者達。 どっちもどっちだと思いますが、漁師さんにとっては生活の場ですので、 私は争い事にならないように、挨拶や会話、ゴミ処理等自分のできることを淡々とするだけです。

皆さんもKU港に釣行する場合は注意を!

戻る

inserted by FC2 system