Dr.K&Jr.Yの釣り日記

横区切り線

横区切り線

3連休の初日。金、土と都合よく予定が空いたので、いよいよの夏の夜釣りに出掛けてきました。 Jr.Yも今日から夏休みで、もちろん行くとの返事。カゴ釣りよりも延竿サビキが好きなJr.Yなので、 再びKU港に向かいました。(今日は漁協がお休みなのでHN港に行きたかったんだけど(T_T)

KU港 連休の釣行なので、場所取りをかねて早めに出発。途中、市原の山道でカブトムシを探しつつ、 23:30に到着しました。 (カブトムシは3匹発見しましたが、既に車に轢かれてになっていました。合掌)

漁船の接岸はありませんが、代わりに人がたくさん並んでいます。市場前に若干の空きがありました。 荷物を搬入しに近づくと、隣のルアーマン達が撤収するところ(ラッキー)。 一声かけて入れさせてもらい、広々と場所を確保できました。

早速、延竿トリック(5号)、延竿サビキ(がまかつ魚皮5号)、 カゴ吹き流し(ルミカエビそっくり6号+バイオワーム)で開始です。 ほどなく、トリックの竿先に付けた “100円ショップパーティグッズのケミホタルもどき”の青い光が揺れます。 Jr.Yに上げさせると、ジンタとキタマクラのダブルです。キタマクラにはお帰りになっていただき、 ジンタをクーラーボックスに。

今日は、ジンタを生き餌とするイカ仕掛けももってきていましたが、 とりあえずお持ち帰りを確保してしまいました。我が家は食い意地が先行ですσ(^^;)。 すると、目の前をアカイカが沖に向かって泳いでいきますノーォォッ!

霧発生 慌てて泳がせ仕掛けを用意し、Beer片手に生き餌を待っていると、再びトリックにアタリ。 程良いジンタが上がりました(やったぜ! 君は我が家に幸福をもたらす神太だ)。 イカフックを付けて、背掛けにした神太を泳がせます。さてさて、どうなることやら。

しか〜し、ここから悲劇が始まります。全くといってアタリがなくなります。 なにげにあげたトリックに豆アジ(ジンタより小さい)が付いていただけ。 深い霧も発生し、正面のTN堤の灯りすら見えなくなる程です。 カゴも遠投するとケミの明かりが見えなくなります。そして今日は異常なほど水温が低いです。

Jr.Y 1時〜3時まで何も起こりません。たまりかねて、延竿サビキを夜光スキン(6号)に、 カゴ吹き流しを同じく夜光スキンの投げサビキにチェンジしました。私たちの高価なウェポン(仕掛け)です。 でもやっぱり何も起きないので、ここで良竿さんのBBSに投稿を開始してしまいました。

と、その時です。延竿サビキのケミもどきが大きく揺れます。「きたッ!」。 竿を上げると、レギュラーサイズのアジが釣れました。流石、高価なウェポン。 その後、投げサビキにもジンタが1匹食ってきました。(オーーー)

釣果 しかし、ここまでです。カゴも棚を6m〜3mまで探りますが駄目。 トリックで痩せたセグロが1匹追釣できただけです。 イカの泳がせ釣りは、アジの泳ぎが弱くなったかなと思ったら、仕掛けが絡まっていました(ガクッ)。 神太はまだ生きていたので、クーラーボックスに納めました。Oh!

霧のKU港 4:30の日の出とともにすっかり明るくなりましたので、納竿といたしました。 完敗です。Jr.Yと二人、ガックシ肩を落として帰路に就きました。

戻る

inserted by FC2 system