Dr.K&Jr.Yの釣り日記

横区切り線

横区切り線

前回、あまりに悲惨な釣行だったのと、外房釣師会の皆様が集まるとのことで 再びKU港に行って来ました。 天気は雪になるとの予報のなか、土曜の午前中まではなんとか持ちこたえそうだったので、 先週のこともあり、強行しました。Jr.Yは翌日こども会のため留守番です。

我が家を2時出発。10分走ったら雨が降り始めました。(なんなんやねん!) それでも前回、こちらでは降っていてもKUでは降らず後悔したので、「行くしかない!」と前進。 しかし、進めば進むほど雨足が強まります。結局KU港でも降っていました。

KU港に到着すると、既に外房釣師会の方々が雨のなか、竿を出しております。 結構降っており、長靴、フードを持っていかなかったDr.Kはどうするか悩みましたが、 市場の屋根もあるし、ここまで来て何もせず帰るわけにはいかないと、市場中程に釣座を構えました。

3:30過ぎから実釣開始。 最初、棚がわからず苦労しました。周りの方々は既に釣れているのに、自分には全くアタリなし。 棚を4.5mから4.0m、3.5mとしても駄目。皆はどんどん釣り上げます。 焦ってもしょうがないと隣の方に棚を教えてもらいました。棚は3.5ヒロ(5m〜5.5m)、大失敗。

棚を変えると、やっと1匹目をゲットできました。しかし、アタリは少ない状態。 今度はサビキかと思い、ルミカ「エビそっくり」から、がまかつ「魚皮」にかえてみました。 ようやく、コンスタントにアタリが出るようになりました。でも、がまかつ魚皮は袖鈎。 6号しか持ち合わせていないDr.Kは鈎が小さく、リーリング中にかなりバラシました。

釣果 外房釣師会の良竿さんが投げサビキに変えて、ダブルが出始めた頃、Dr.Kもサビキに変えました。 本日暗い場所での夜光サビキはどうかと思いましたが、サビキにライトかマズメ時の日があたれば、水中で光ってくれます。光ってさえくれればと期待すると、なんとかマズメ時にはコンスタント喰ってくれました。 朝マズメに爆釣タイムを期待しましたが、活性はあがらず淡々と釣れ続けた感じです。

7時のチャイムが鳴るとアタリも減り、再び魚皮の吹き流しに。 何匹があげたあと、コマセ切れとなりました。最終的にアジ28匹、マルアジ1匹に終わりました。

KU港朝 トウゴロウが釣れたのが終了直前。それまでにジンタサイズのアジが釣れず、 大きめのアジでヒラメを狙ってみましたが、仕掛けをぐちゃぐちゃにされただけで終わりました。 降りしきる雨で、頭と手足がビショビショ。6時半くらいから戦意喪失でした。

道具を片付けたあと、良竿さんはじめ、外房釣師会の皆さんにご挨拶させていただき、KU港を後にしました。 5分も走るとすぐ雨は雪に変わり、大多喜、市原の山の中は一面雪の別世界でした。 これで、3月まではお休みかな?

戻る

inserted by FC2 system