Dr.K&Jr.Yの釣り日記

横区切り線

横区切り線

KU港は深夜は渋いものの朝方は相変わらず好調のよう。 前回はJr.Yの面倒を見ながらの釣行だったので、終始確実なカゴ吹き流しを選択。 未だ投げサビキに成功していないDr.Kは、本年中に投げサビキを成功させるべく、寒さの中、出撃しました。

納竿したJr.Yに一応声をかけましたが、「サンタが来る日にいないとプレゼントがもらえない」から 釣りには行かないとのこと。再び単独釣行となりました。

それでは気ままにということで、0:30頃自宅を出発。1:50に現着で2時過ぎには実釣を開始しました。 まずは、食いが立つまでカゴ吹き流しで。いつものルミカエビそっくり6号にバイオワームです。

今日は投げサビキの挑戦とともに、ケミ75サイズを装着可能な内蔵錘なし6号ウキのテストも兼ねています。 6号ウキということで4号錘のカゴで開始しましたが、ウキが安定しません。やはり内蔵錘なしだと安定しないかと ウキを電ケミ50サイズのものに変えようとしたところ、家に忘れてました。すかさず、6号錘のカゴにチェンジ。 安定しました。 どうやらこのウキの浮力はかなり強いみたいです。Dr.Kの8号負荷の竿でもMカゴ+6号錘の仕掛けが 問題ないことも判りました。

さて、周りの方々の様子を見てみると、皆さん投げサビキ仕掛けで激渋のご様子。 Dr.Kは開始15分で1匹目ゲット。15p程度の小アジです。しかし、 10分に1回くらいウキは消し込みますが掛かりません。3時までに4匹ゲットしたところで、車で一休み。

3時半過ぎから再び開始。4時頃からまたポツポツ来ます。しかし、30m以上投げないとアタリがありません。 20m〜25mくらいの投げサビキの方々には全くといってアタリがありません。 5時半を過ぎるとプチ入れ喰い状況に。6号錘にMカゴのDr.Kには30m以上の遠投はフルキャストです。 疲れましたが思った箇所に投げられると、ウキが消し込みます。相変わらず掛かりが悪いので、 しっかり消し込んだのを確認してから取り込みます。時間が経てば経つほど型が良くなってきました。

6時半前からようやく投げサビキの方にも掛かるようになりました。Dr.Kも、いよいよ夜光7号の投げサビキにチェンジ。 着水と同時に掛かります。型は17〜18p程度。しかし、追い食いはしてくれないです。ダブルがやっとというくらい。 7時前にはトウゴロウがズラリという状態で、30分でアジは一瞬にして居なくなりました。

結局、家に帰って数えてみたところ32匹という結果に終わりました。ウキは消し込むものの、掛からないことや、 リーリング中のバラシも多かったです。

しかし今日はとにかく寒かったです。熱燗2合をのみ、使い捨てカイロも途中袋が切れ、 真っ黒になりながらも堪え忍んだ結果、なんとか納得の納竿ができそうです。 今年の夏からアジを初めて、竿下サビキ、カゴ吹き流し、投げサビキと順に結果が出せるようになりました。 夕食は、一年を締めくくり実家のお爺ちゃんお婆ちゃんも呼んで、アジづくしとしました。

釣果 丸干し

戻る

inserted by FC2 system