Dr.K&Jr.Yの釣り日記

横区切り線

横区切り線

9月2回の釣行で撃沈し、アジの季節はもう終わりかと半ば諦めかけていましたが、 Dr.Kが指導をいただくカゴ鯵師から「房総のアジはこれからが本番」と励まされ、何としてももう1回アジを釣りたい、 できればカゴ釣りでヒットさせたい、と思っていました。

KM港赤灯先端 10月8〜10日の3連休に挑戦しようと考えていましたが、3連休は雨。とても肌寒く、 低気圧の影響からうねりも生じています。子連れのファミリーフィッシングでは諦めるしかありませんでした。 次の週末も雨模様で相変わらずうねりも続くようです。どうしようかとネットを彷徨っていると、3連休KM港は爆釣モードだった様子。 ここは何とかしなければと、仕事の間隙を縫い、木曜日の午後、急遽半休をとって挑戦してきました。

餌や仕掛けの準備をし、木曜日は半日授業のJr.Yを連れて14時過ぎからいざKM港へ出発! KM港到着は予定どおり16時過ぎ。が、しかし、赤灯内側は漁船がビッシリ。釣師も結構います。 駐車場所に車を置き、荷物を出していると、既に結構アジが釣れているようです。我が家も赤灯先端に向かって歩き出し、 何とか一人分入れるほどの漁船と漁船の間をキープ。今日は先端高台でカゴ主流にと考えてきたのですが、 内側先端のカップルに声をかけると、「今、釣れてますよ」。内側しかないでしょ!

KM港内側 いつもならチョイ投げからスタートするところですが、時合到来にそんなことをしている暇はありません。 すぐ延べ竿サビキを用意して、コマセを網にセットって、セットできな〜い。アミコマセが溶けていません。 コマセの準備まで、とりあえずサビキぶっこんどけっ!(/>_<)/。 コマセに海水を入れ、砕きながらアジパワーと混ぜてって、やってるそばから、Jr.Yが「パパー」。 もう竿が引いてます。アジ、ゲットです。

クーラーボックスに海水のセットもまだ出来てません。Jr.Yはのんびり釣糸を垂れ、Dr.Kは大忙しです。 まるでファッションショーの表と裏。

アジの4連 コマセが網に入ると釣り上げるペースは更に激早です。サビキを投入して、錘が竿をしならせる前に喰ってきます。 しばらく泳がせると、4連で上がってきます。アジ鈎6号、ハリス0.8号はハリスが結構よれよれになります。 また、サビキが結構絡み合います。こうなると、サビキより、一本鈎の方がペースが上がるという意味が判ります。

Jr.Yはポンポン釣り上げ、そのうち飽きだしました。Dr.Kが交代して釣ります。 竿を置いていると、アジに持っていかれてしまいました。海に潜っていこうとする竿を投げ仕掛けでなんとか拾いあげると、 アジが4連。σ(^^;)

必要以上に釣ることもないので、とういか釣趣に欠けてしまい、ここで夕食タイムとしました。もちろん置き竿もしません。 ゆっくり飯が食べられないので。

カゴ釣り中 港中アジの絨毯のような状況のなか、暗くなると延べ竿にはパッタリ。不思議なものです。 Jr.Yのチョイ投げタックルにカゴ仕掛けでヘチを狙っていると、ゴンズイが2連(T_T)。 お帰りいただき、やっぱりカゴは投げないとと、20〜30mも投げるとアジがまた連れだしました。 「ルミカエビそっくり」にバイオワームをエビの尻尾のように取り付けます。すっかり飽きていたJr.Yにも投入を練習させ、 カゴ釣りをさせます。しっかりと釣り上げます。延べ竿と違った面白さがあるようです。

結局、16時〜19時まで正味2時間程度でアジ48匹、ゴンズイ2匹でした。 しゃかりきになれば束越えは間違いなしでしたが、そんなに釣っても処理に困ります。 明日も仕事&学校ということで、早々に引き上げました。

でも帰ってからのアジの下処理で、やっぱりDr.Kが寝たのは深夜でした。腰が痛い!

釣果

戻る

inserted by FC2 system