Dr.K&Jr.Yの釣り日記

横区切り線

横区切り線

先々週の釣行で撃沈し、このまま終わってはと再挑戦です。今週は台風が接近しており、 釣りができるかどうか危ぶまれましたが、なんとかギリギリもってくれました。それでも、 KM港の外側はかなり荒れており、OT港の外堤などでは釣りにならなかったのではないでしょうか。 そのためか、KM港もかなり混雑していました。

今回は14:30到着を目指して早めに家を出ましたが、途中Jr.Yと昼食をとっていたら、 やはり15:00になってしまいました。子供連れはなんだかんだ時間がかかりますね。 到着してみてビックリ、赤灯堤防内側は人がビッシリ。(ビッシリ、ビックリ、なんなんやねん。) 先端にウキフカセのおじさん。2番手は前々回にも一緒だった親子連れ。3番手がトリックのお兄さん。 少し開いて4番手が老夫婦。また少し開いておじさん。といった感じで漁民アパート前までビッシリです。 4番手と5番手の間まで進み、場所をキープ。その後、3番手と4番手の間に入れないか探っていたところで、 悲劇が発生しました。

KM港乗船場を望む Jr.Yの呼びかけで戻ろうとした瞬間、「ピシリ」。4番手の方の投げ竿が綺麗に折れてます。 ひたすら平謝りです。謝金を払おうにも細かいお金がない。コンビニまで逆戻りで散々です。 結局、釣りを開始できたのは15:30を過ぎてからです。でも、ちゃっかり3番手と4番手の間に入れてもらいました。

いつものようにシロギス、メゴチ狙いのチョイ投げから。続いて、延べ竿の竿下サビキを2本セットし、 カゴ釣り用の磯竿もスタンバイします。が、しかし...アタリがない。全くない。周りの方も駄目な様子です。 夕闇迫る頃、チョイ投げになんとかヒイラギ10〜15cm2匹、シロギス10cm1匹が掛かってくれました。

さあ、いよいよアジとの期待を胸に竿下サビキを続けますが、ウンともスンとも動きがありません。 しびれを切らし、赤灯先端に偵察に行くと、外側では投げサビキにほんの少し釣れています。 我が家も磯竿を外側に出し、投げサビキ、カゴ釣りとやってみますが、やはり駄目。 内側の子供の様子を見ながら外側でといのは、KM港は大きすぎて対応できません。釣りに集中できるわけもなく、 外側を諦め、内側で竿下とカゴ釣りでがんばります。

ボラ 今日も全く駄目かなと諦め始めた頃、Jr.Yに大きなあたりが。Jr.Yでは竿をコントロールできず、横走りされています。 Dr.Kが手伝い上げてみると、25p〜30pクラスのボラです。渓流竿にボラですから、引きは楽しめましたが、何かがっかりです。 ボラにはお帰りいただきました。このあと、Jr.Yにもう1匹、Dr.Kに2匹とたて続きに都合4匹のボラがあがりましたが、 その後はまた沈黙です。これでも、周りをみると我が家は釣れている方なのです。21時までがんばりましたが何もなく、 納竿といたしました。

あ〜、アジよ。お前は一体、何処へ行ってしまったのか。(T_T)ノ~~

釣果

戻る

inserted by FC2 system