Dr.K&Jr.Yの釣り日記

横区切り線

横区切り線

前回は、Jr.Yにとって初の海釣り。目的のアジを釣り上げ、シロギスやイシモチなど思わぬ釣果も得ることができました。 しかし、小アジ10匹程度は食べてしまうとアッという間。もっとたっぷり食べたいという気持ちになり、更なる釣果を目指して再び釣行しました。 今回は会社も夏休み。昼からJr.Yとともに出発です。

我が家から外房までは概ね2時間。OT港を目指し、南下です。途中、裏道に迷ってしまい、 OT港近隣の釣具屋に到着したのは14:30を過ぎた頃。青イソメを購入し情報収集をすると、OT港での夜釣りは子供にはちと辛いのではないかと。 Jr.Yも不安そうでしたので、前回と同じKM港へ。 KM港到着15:00。赤灯堤防内側の先端には先客がおり、2番手に入りました。

15:30には準備も整い、まずはシロギス狙いのブッコミ開始。今回は投げサビキやカゴは行わず、昼間はブッコミ、夜は竿下サビキに集中することにしていました。 ブッコミはときどきあたりはあるものの、前回より食いがよくなく(途中買った青イソメの生命力が全然な〜い!)、17:30くらいまでに20p弱のメゴチが4匹にとどまりました。

KM港の夜景 さあ、ここからはいよいよ本命のアジ。竿下サビキの本格的な開始です。Jr.Yが夜光スキン。Dr.Kはサバ皮でスタート。棚は底狙い。 3.6mの延べ竿のJr.Yには「深く、深く」と言い続けながら18:00を過ぎた頃、コマセも適当に効いてきたのかJr.Yにアタリ。15pクラスの小アジです。続いて、またJr.Y。 その次ぎもまたまたJr.Yということで、Dr.Kも夜光スキンにチェンジ。暫くするとDr.Kにもアタリが。アジ時間開始です。 今日の小アジは夜光スキンのみに反応か。先端の方のウキフカセ(オキアミ餌)にはポツポツ。3番手以降のサビキには全くです。

釣果 途中、無風状態、潮は動かず、水面は揺らぎすらないという状態が長く続きました。マッタリとした時間が流れ、Jr.Yは空腹に苦しんでいましたが、忍の一字です。 (道に迷って弁当を買うの忘れました。)堪え忍べば良いことが。その後、またまた時合到来。アジとムツのダブルなどもあり、20:30までにアジ19匹、ムツ4匹、トウゴロウ1匹を確保することできました。 他にはネンブツダイなども釣れましたが、バラシも結構ありました。5号針だとちょっと小さくなったかも。

今回は、少し大量気分でKM港を後にしました。帰り道、KU港の状況が気になり立ち寄ったのですが、生憎、花火大会で車両規制中。そのまま素直に家に帰りました。

今後は、プライベートが忙しくなります。Jr.Yの夏休み中は無理そうです。次に釣行できるのは9月中旬以降かな〜。アジよ!大きくなって待っていてくれ〜。

戻る

inserted by FC2 system