趣味を楽しむDr.Kのホームページ

− 房総ソルトゲーム迷走伝 −

このサイトは、主にDr.Kによるソルトルアーフィッシングの迷走の記録である。これまで餌釣りしか経験のないDr.Kが、迷走しながら見よう見まねで挑戦する。ただ、‘食べるために釣る’という原点は何も変わらない。
房総で迷走しているDr.Kを見かけたら、その時は優しく励ましの言葉をかけてください。σ(^^)

当サイトはJavascript、CSSを使用しています。 文字サイズ:中で最適化しています。

横区切り線
縦区切り線

カブトムシ・クワガタ

リストマークはじめての飼育

カブトムシ・クワガタは、よい環境で飼育をすれば長生きさせることができます。 カブトやノコギリクワガタは単年ものですが、それでも晩秋まで生きることができます。 オオクワガタ、コクワガタなどは冬眠しながら、3年くらい生きます。

リストマーク用意するもの

プラケース
プラケース

マット
昆虫マット

登り木
登り木

餌皿
餌皿

プラケース
昆虫用のプラスチックケースです。 大きさは飼育する甲虫の種類、数により判断します。 カブトムシのオスだと40pあるものでも精々3匹といったところです。 オス同士は近寄ると喧嘩になり、オスメスだとメスが羽交い締めにされ弱ってしまいます。
昆虫マット
昆虫用のマットです。コナラやブナなどを粉砕したもので幼虫の餌にもなります。
登り木
甲虫はひっくり変えると簡単に起きあがれません。そのための足かけです。 登り木に餌を塗りつければ、餌皿の変わりにもなります。
新聞紙
プラケースをそのままにしておくと、甲虫の尿で蓋が汚れたり、 コバエが湧くのでケースと蓋の間に新聞紙を咬ませます。
霧吹き
マットは湿らせて使うので、マットが乾燥したら吹き付けます。
餌(昆虫ゼリー)
甲虫の主な餌は、樹液です。 キュウリやスイカだと下痢をして死んでしまうのです。 バナナやリンゴを焼酎に漬けたりして使用することも可能ですが、 すぐに腐るので管理が大変です。管理面からも昆虫ゼリーをお奨めします。
餌皿(あれば)
マットを汚さないために餌皿を使いますが、なくても大丈夫です。 カブトムシは、どうせ引っ張りだしてしまいます。
クヌギ、コナラの葉(あれば)
甲虫は、昼間、マットの中や日陰に隠れ身を休めます。 これらの葉っぱがあれば、ノコギリクワガタのオスなど マットに潜るのが苦手な甲虫も物陰で身を休めることができます。

リストマークセットの仕方

カブトケース
  1. 1. プラケースにマットを入れます。

    ※カブトムシは昼間マットに潜りますので、マットはプラケースの1/3以上入れてください。 (クワガタのメスもマットに潜ります。オスはマットと登り木の間に身を潜めます。)

  2. 2. マットに水を加えます。

    ※水の量はマットを手の平で軽く握ったとき、マットが崩れない程度です。 握ったときに、水が絞り出てくるようだと“水大杉”です。

  3. 3. マットを適当に馴らし、登り木、餌皿を適当な間隔で配置します。

  4. 4. 餌を置いて完成です。甲虫を入れプラケースに新聞紙を被せたら、蓋をします。

クワケース クワガタは登り木とマットの間に身を潜めるため、登り木を多めに入れてあげてください。 (右の写真では、かなりの登り木が入っていますが、こんなに入れなくても大丈夫です)

リストマーク飼育

ケース セットをしてしまえば、後は基本的に餌を切らさず、マットの湿り気を保つだけです。 直射日光のあたらない場所で保管してください。

【保湿】

霧吹きは、「マットが乾いてきたなぁ」と思ったら、湿らせる程度でOKです。 極端に湿度が高いと甲虫が弱まりますので注意が必要です。 “雨降って地固まる”ではありませんが、乾燥するとマットが固まりますので、 たまに割り箸などでほぐしてあげてください。

【餌】

餌の量は飼う甲虫により異なります。 最盛期のカブトムシは、一晩で1個/匹の昆虫ゼリーを食べます。 クワガタはあまり減りませんので、飼う数量により様子を見ながらあげてください。 Dr.Kは自然を再現するため、登り木にゼリーを塗りつけてあげています。 皆、木に登って食べてますよ!

【多頭飼育】

餌場 ここで、注意点ですが、1つのケースにオスを複数入れると、餌場で必ず喧嘩になります。 かといってメスといれると、メスはひたすら追いかけられ弱ります。 基本的にオスとメスはクロッシングの時以外、別ケースで飼います。 カブトムシ、クワガタも別ケースにします。

傷ついたカブトムシ 複数飼いは、多少なら餌の配置で争いを軽減できますので、 登り木や餌皿の配置を工夫してみてください。 ただし、オスの複数飼いは共に傷つけ合い、だんだん数が減ることだけは理解して下さい。 メスは問題ありません。

【ハエ対策】

そうそう、言い忘れましたが、プラケースにはダニが湧きます。 コバエ防止の新聞紙にダニが付きますので、良くわかります。 あまりひどくなったらマットを交換してください。 その時、甲虫の腹にダニが付いていることがありますので、 要らなくなった歯ブラシなどで落としてあげてください。 登り木などは、熱湯をかけてダニを死滅させます。

それでは、甲虫飼育をお楽しみください!。 甲虫が長生きすることを祈っております。 (質問は掲示板までお願いします。)

横区切り線

リストマークページの一番上に戻る

HOMEへ

 
inserted by FC2 system