房総ソルトゲーム迷走伝 〜ランガンリポート〜

外房・某漁港でエギング&アジング

横区切り線

この3連休、土曜の21時頃から日曜の午前中は台風の影響で強風予報。土曜に行くか、月曜に行くか悩んだが、台風が早まっていたようなので、月曜に決定。強風の影響が終わった後の状況の方が、今後の判断にも役に立つでしょ!

と、向かった先はいつもの漁港。16時到着。地元の黒鯛師がたくさん。でも、潮は濁っていない。偵察がてらブラブラしていると、ヘチにはサンバソウの姿も。生命感はある。

時間も早かったので、青物がいないか探してみたが、姿は見えない。そりゃ、そうでしょ。

キープしていた場所の両隣に餌師が入ったため、場所を譲って反対側へ移動。マズメとともにエギング開始。

岸壁を大きく移動しながら探索するが、アタリがない。風はやや向かい風で左から右に流れていく。エギはドリフト状況となり、かつ向かい風で、フォール中のエギを安定させられない。

完全に暗くなり、何とかエギをコントロールしていると、潮に馴染むコースを発見。その時、ズン。ようやく今日の一杯目。

コロッケサイズ

トンカツより小ぶりのため、リリース。でも後が続かない。

反対側の餌師が減ったので、横風に変わりはないが、向かい風より追い風の方がまだましと場所移動。潮もかなり澄んできたので、カラーもデイ寄りにチェンジ。

なるべく横風を背負うように斜めにキャストし、払い出しの流れに添わせてあげると、明確なゴン!「よっしゃ!」乗った。

トンカツサイズ

揚がってきたのはトンカツサイズ。これはもちろんキープ。しかし、この後もまたまた続かず、今日は2時間半で2杯。渋かった。

さて、その後、第2ラウンドのアジング。久々のアジングだ。人の少ない小さな漁港に移動してみる。常夜の明暗ポイントは激浅シャローで何も起こらず。フグがたくさん。

次に近くの港へ移動。こちらも、潮位が下がってきており、打つことなしでスルー。どうしようか悩んだが、いつもはアジングをしない漁港へ行ってみた。

港内の潮通しの悪い常夜下を覗いてみる。と、漁船の影から何かが行ったり来たり。何か溜まっている。ジグ単縛りで挑戦開始。0.9gからスタート。

すぐバイト。ワームをを送り込むとヒット。20p前後のアジだ。すると抜き上げで暴れてポロリ。フックが#12だったので、#10の0.8gにチェンジ。

またまた、ヒット。そして、またも抜き上げてポロリ。元気なアジを急いで抜き上げると、暴れて落っこちちゃう。このあと、アジさんは居なくなりました。なんて日だ!

この漁港は帰宅前の30分1本勝負だったので、後ろ髪を引かれつつ終了。探せばアジもいるね。家族はイカよりも魚希望。次回はアジに集中しよっと。

外房の状況も、だいぶ上向いてきたかな。それにしてもムツがいないなぁ。

釣果

戻る

inserted by FC2 system