房総ソルトゲーム迷走伝 〜ランガンリポート〜

外房・某港でエギング練習

横区切り線

混雑しているであろうGWをスルーし、2週間ぶりに平日エギング練習。今回は新月に向かう若潮で、潮止まりの変化点が夜になる。潮が動いているマズメで来るのか、ナイトの変化点で来るのか、調査したい。

現地に入るまでは、各ポイントの状況確認。新規開拓のための情報収集。次回の参考に。

小磯

17時過ぎに現地にイン。今日は南からのウネリがポイントに流れ込んでくる。風は反対側から回り込む強風。ウネリが左から右。風が右から左。しかも、エビ網が何か所か設置されている。

17時半から実釣開始。エビ網を避ける箇所に打ち込んでいくが、良い場所をトレースできない。ラインの動きとウネリの方向が絡んで、エギも落ち着かない。

キャスティングを続けながら、エギが潮になじむコースを見つけていく。数通りのコースを見つけるが、ラインが風に煽られ、エギがすぐに浮いてしまう。何とかエギを沈めながら、海藻帯の上を引いてくるがアタリはでない。

夕マズメは空振り。ベイトはいつもより多いが、見えイカは確認できない。そのままナイトに突入し、潮止まりから上げに転じる瞬間を待つ。

潮止まりを迎えると海面が幾分静かになり、そしてまたざわつき、上げに転じる。しかし、アタリは全くでなかった。今日の検証は終了。

イカが回遊して来なかったのか、エビ網の関係でポイントをトレースできなかったからか、ウネリと風でエギがなじまなかったのか、敗因はよくわからない。

港内

1つだけ分かったことは、やはり感覚だよりのナイトは、ポイント毎にデイでどれだけ打ち込んだか。コースと沈めるタイミングが分からなければ、外房シャローは表層を引くか、頻繁に海藻に取られるだけ。今回は何とかなったが、それでも苦戦する。やはりエギングは、デイ中心に腕を磨こう!

その後、一気に南下し、セイゴポイントへ。西よりの強風で港内の流れが強い。水面は大きくバタついている。港内を何か所が探ったが、アタリは出なかった。日常の疲れもあり、21時半に力尽きて終了。

久々の完ボ。外房はどこも厳しいらしいが、このままでは終われない。

戻る

inserted by FC2 system