房総ソルトゲーム迷走伝 〜ランガンリポート〜

外房・某港ほかでエギング練習&アジング

横区切り線

年度替わりは例年仕事で忙殺される。それに加え、今年は子どもの新出発が重なり、超多忙な毎日。ようやく落ち着いてきたところで、平日ランガンを企画。南西風の強風が吹き荒れていたが、これを逃すとまた暫くは無理。強行突撃だ。

筍と地酒 お決まりの大多喜のタケノコと数量限定の鳴海を購入し、ポイントへ向かう。

今日は、デイでエギング練習。ナイトはアジングと決めている。最近、シマノTVで湯川マサタカさんを片っ端から研究した。ショアのデイゲームに拘る湯川さんは、まさに自分にとっての理想のエギンガー。アオリイカは、外房でも同じような場所におるだろうと信じ、湯川さんが狙うようなポイントを探す。

串浜の地酒屋さんから、順次、外房の磯、漁港を回ってみる。潮が動き、でもイカが溜まれそうな穏やかな場所があり、かつシモリや藻場もある場所を確認していく。

小磯漁港漁港小磯漁港

そのうちのいくつかでキャストし、今日の風の影響が少ない場所を選んでみた。1つの場所でも、ポイントらしき箇所をどんどんランガンしていく。外房シャローでの使用エギは3号。

風とカジメ・アラメに苦戦していると、潮も底りになり、もうダメかなと思っていた時、急に風が弱まり、そして潮が上げに転じた。

と、その瞬間の1キャスト。足下までエギが寄ってきたとき、カジメの中から素早く動く保護色の物体が。そこで、もう1フォール。ドンッ、ジーーーー。「おったー。」

強烈なジェット噴流を味わいながら、上がってきたのはキロオーバーのオスのアオリイカ。サイトフィッシング、デイゲーム最高! 楽しい!! 家で計測したら1.4キロ。

アオリイカ

その後は続かず、今日のエギング練習は終了。湯川さんが「初心者は、まずはデイに挑戦すべき。感覚だよりのナイトはその延長。」と言っていたが、その意味がよくわかった。潮選び、チャンス時間、エギ操作なども、湯川さんのそれと巷の情報とは違う部分が多い。外房でも参考になる。

さて、エギング練習のあとはアジング。アジは厳しいとの声も聞こえてきていたので、状況確認。最初の港は、南西風が吹き荒れた後はアジが溜まる薄っすら明暗の小さな船溜まり。

漁港

ジグ単で広範囲に縦横探ってみたが、アタリ1つない。「ほう。」 では移動。風も収まってきているし、実績の大きな漁港へ。

昨年の台風で壊れた常夜灯が復活していた。では、そちらに。キャスト後、すぐ豆アジがヒット。ちっさ。その後もバイトはあるがショートバイトのみ。奥の常夜エリアに移動した。

手前はフグ風呂、サバ風呂状態。ではと、フロートリグで沖の明暗を漂わせるとヒット。15pくらいの小アジ。沖目には溜まっているようだ。しかし、如何せん遠い。

ヒット、バラシを繰り返しながら、5匹確保したところで本日終了。声を掛けられたお隣さんに情報を伝え、漁港を後にした。アジはこの前より少し大きくなっていた。小アジなら居ます。

それにしても、最近、ブラックスターS83セカンドジェネが大活躍。豆アジからヒラセイゴ、アオリイカまで。本当に万能ロッドだな。

釣果イカ

釣果アジ

戻る

inserted by FC2 system