房総ソルトゲーム迷走伝 〜ランガンリポート〜

外房・某海岸、漁港で初釣りランガン

横区切り線

遅ればせながらの初釣り。何処で何を狙おうか思案中のところ、大原方面でニベが釣れていると、てぃんくんの情報。初釣りは、初めての場所で、初めてのターゲット。初めてづくしのランガンと決めた。

今週までの南西風で海が荒れ、ニベが釣れているのだとしたら、濁りが入って溜まりやすそうな場所。ということで、波浪が避けられる海岸に向かう。

海岸

溜まっていそうな場所には、人も溜まっていた。カマス港の様相を呈している。その周りでジグ単をキャスト開始。しかし、釣れるのは溜まり場を直撃している人のみ。数回バイトがあったが、掛けることができなかった。

マズメになればと期待してみたが、溜まり場の活性はどんどん上がる中、その周辺はうんともすんとも言わない。ルアーだからということではなく、餌師も同様。どうやらピンスポットにのみ、溜まっているようだ。1時間半粘ってみたが、釣座も開かず、明るいうちに移動しようと見切りをつけた。

少し南下し、次は小漁港。ここも初場所。堤防先端の常夜付近には4、5名の先客。どうしようか悩んだが、今日の潮周りからは時間がない。19時半には下げが大きくなってしまう。堤防中程にもポイントがあるため、ここで遊ぶことに。

先端手前から常夜の明暗をジグ単で攻めてみるが、アタリがない。港内は多少パシャついているため、何かいるはず。先端のルアーマンがセイゴを上げた。しかし続かない。

昔の堤防先端跡へ移動した。障害物周りで、かつ明暗。0.8gのジグ単でフワつかせてみると、すぐバイト。やっぱり。姿を見せたのはここでもセイゴ。

セイゴ

きれいなセイゴだったが、マルかヒラか微妙なところでリリース。この感じならまだまだいける。ワームをローテーションしつつ、コースを変えて、一定のスポットをトレースすると、またバイト。

セイゴ

上がってきたのは、やっぱりセイゴ。いい体型をしているがマルっぽいな、ということでこれもリリース。溜まっているところには、たくさんいる感じ。今年もまたセイゴに遊んでもらった。

19時を過ぎると、潮が大きく下げ、アタリも遠のいてきたので、初釣り終了。微妙な初釣りとなったが、初場所でいろいろなことが経験できたし、魚も見ることができたし、まあ、良しとしましょう!

漁港

来週は仕事で北海道に行かなければならないので、ランガンはお休み。次は何処で何をしようかなぁ。

戻る

inserted by FC2 system