房総ソルトゲーム迷走伝 〜ランガンリポート〜

外房・漁港調査

横区切り線

外房の海 GWの中日。本来なら仕事だが、休みを一日もらった。GWの後半は、どの釣場も人でごった返すだろうから、ここでランガンして、後はゆっくり休みたい。

初めに向かったのは、外房南部の有名な漁港。駐車場に着くと正装した係員がいる。「16時からはホテルの契約駐車場になっているので、ホテル利用者しか止められません。」だと。16時までに入り、漁協係員に駐車料金を払えば、そのまま置いておいても大丈夫らしい。今は既に16時を回っている。はい、終了。

有名な漁港

帰り際、釣り禁止の赤灯側に回ってみると、釣り人がいっぱい。駐車場の管理が仇となっている。そして、ここでも相も変わらず引っ掛け釣りをしているおばさん達。なんか寂しい。こんなところはさっさと立ち去ろう。

次に向かったのは、小さい静寂な漁港。アジが不調続きで釣り人がいない。海面を覗いてみると、所々に海藻が群生している。これはいいウィードだ。早速、スプリットにオフセットフックで海藻の間を通してみる。

静かな漁港

すると、ワームから遠ざかるように何かが泳いでいく。よく見ると小型のイカだ。いろいろなところに隠れている。すぐにヒイカ用の餌木にチェンジしキャスト開始。しかし、皆、見向きもしない。というか、餌木から逃げていく。これは無理だと悟り、ワームに戻してウィードを通すが何も起こらない。はい、ここも終了。

次はいつもの漁港。今日はこの港全体の調査後、何もなければ更に北上しようと決め、キャスト開始。まずは、キャロで沖目から。岸壁全体に渡って探ってみるが、アタリがでない。コウモリがラインを触るだけ。

それではと、漁船周りで明暗になっている箇所をジグ単で探る。まずは漁港北側の漁船を攻めるが、変化なし。そして南側に移動。ここは、いつも漁船が停泊している人気の箇所だが、今日は先客万来で入ることができない。その時、ふと対岸を見ると珍しく漁船が停まっている。しかも常夜が良い具合に差している。これだ!

すたこら移動してキャスト再開。歳を取ると移動するのも疲れる。漁船際を棚を変えつつ丁寧に引いていると、ボトムでガツン。ヒット!今日のワンチャン。ドラグがけたたましく鳴り、ラインが海面を走る。漁船の下を抜けやがった。ドラグコントロールしようとハンドルから手を離すと、フックアウト。痛恨の極み。

これまでのベイトの逃げ惑う様、アジの居なさからすると、おそらく大きめのセイゴあたりだったのだろう。その後、ワームを取っ替え引っ替え、メタルジグまで登場させ、何回かキャストするが二度目のアタリはでなかった。

この時点で21時過ぎ。次の漁港を目指すと、丁度潮止まりになってしまう。今日は来る途中、鳴海の夏バージョン「鳴海の風」と大多喜の名産・たけのこを購入している。たけのこの下処理もあるし、更なる漁港調査は次の機会としておこう。

たけのこ鳴海の風

戻る

inserted by FC2 system