房総ソルトゲーム迷走伝 〜ランガンリポート〜

外房・某港で結果ムチング

横区切り線

10月のハイシーズンに家族の事情や台風による仕事の都合でランガンを激減させた。ようやく落ち着いてきたので、3連休前に急遽平日ランガン。天気も良さそうだし、じっくり楽しむ計画で出発。

最初はお決まりの蔵元さん。なんと今年の鳴海シリーズは完売。違う地酒をゲットした。気を取り直して、閑静な漁港へ。暗くなる前は小さな漁港でアオリイカを狙ってみたい。満潮からの下げ勝負。

しかし、漁港についてビックリ。港内に刺網を張っている漁師さんが。こんな小さな泊地ではジ・エンド。エギをキャストできない。やむを得ず反対側の港へ移動。

漁港

先行しているアジンガーに声をかけると、何かがいるが掛からないようだ。アジは暗くなってから大きな港で釣る予定なので、ここでは初志貫徹、エギをキャスト。場所を変えつつ数投してみるが、気配がない。マイクロメタルジグをキャストしたり、ヘチに落としたりしてみても生命感がない。移動!

17時過ぎに大きな港に入った。結構な人がいる。雨もパラついてきた。エギをキャストしたかったスロープ際にシーバサーのようなルアーマンがいたので、空いていた突堤付け根でライトゲームから開始。意外とこういう付け根に溜まってるんだよなぁ。

1投目から早速バイト。いるいる。しかし、投げるたびにバイトがあるが、フックが抜ける、抜ける。正体がわからない。パッと引っ手繰るようなバイトがあったり、モソッとしたり。掛けたと思っても抜ける。早く決着をつけるため、0.2gJHから丸セイゴのノーシンカーフックにチェンジ。やっとフッキングさせて上がってきたのはこいつ。

ムツ

ムツだった。1投1バイトくらいあるが、喰いが浅い。フッキングさせるコツを掴みつつ、数を重ねていく。今日は1匹ごとに血抜きをしているのでペースはゆっくり。でも、今日の状況なら持ち帰りの10匹は遠くないなと確信。(こういう時は大抵バチが当たるんだよな)

お土産を確保したあとは、アオリやヒラメ、セイゴをじっくり楽しむんだと考えていたら、雨が強くなってきた。

18時半前から本格的な雨に。一旦、車に避難して、トイレ休憩など。小降りになったところで再開するも、すぐさま本降り。ムツのバイトは永遠に続いていたが、雨具を用意していなかったDr.Kは、集中力も切れ、バラす、バラす。ずぶ濡れになって終了。

ムツは15cm平均くらい。先月より1周り小さくなっていた。まあ、天ぷらサイズには丁度いい。結局、いつものライトゲームしか出来ず、消化不良のランガンとなってしまった。このあと、どうしようかな。

釣果

戻る

inserted by FC2 system