房総ソルトゲーム迷走伝 〜ランガンリポート〜

外房・某港でエギング&ジギング練習

横区切り線

9月下旬から週末が忙しくなり、来週は家族の入院も控えている。正直、釣りどころではない。しかし、ルアーを始めたのが昨年の11月からで、秋のハイシーズンを何もしないまま見逃すことはできない。

ということで、隙間時間に無理矢理ランガン。翌日も仕事のため、長居はできない。帰ってからの後処理も多くはしたくない。そこで、今日はニューロッドでのエギング練習、ジギング練習と決め込んだ。

ひやおろし 外房にやってくると、天気予報が外れ南西風が強い。風裏になる青物、春アオリの実績港に入ることに。とその前に、秋限定「鳴海ひやおろし」をゲット。

漁港に到着し、地元の方に挨拶する。ここのところ魚が入って来ていないらしい。アオリは聞いたこともないと。堤防中ほどのルアーマンは「さっきまでカマスが入ってたけど、すぐいなくなったよ」。バッカンにはいい型のカマスが入っている。

堤防先端に陣取り、海藻帯にエギをキャスト。何も起こらない。広範囲に探ってみるが、全くイカの姿は見えない。ここでのイカは諦め、堤防外側の砂地帯をジグヘッドで探ってみる。異常なし(変化なし)。暗くなったので撤収!

天気予報では次第に風が収まってくるはずなので、秋アオリも上がっていた風表の漁港へ移動する。強風。港内は波立っている。それでもエギをキャスト。当然イカの姿は見えない。

漁船の脇を大型魚の回遊する姿が見えたので、メタルジグに変えてみる。異常なし。うーん。取り敢えず、お土産をゲットするかと、ロッドを持ち替え、常夜灯の明暗をスプリット+ノーシンカーフックで探る。

やっとここでバイト。数投目で掛けることができた。上がってきたのは20cm弱のムツ。しかし、後が続かない。1匹でバイトが無くなってしまった。風も止まないし、アオリイカの実績港へと移動した。

ムツ

いつもは人が少ないこの漁港が餌師で賑わっている。車を止められない。いいポイントは先客がいるし、諦めて元の漁港へ。丹念にポイントを探せば、お土産ぐらいは何とかなるかと、漁港全体を動いてみたが、風が強くてアジやムツが溜まりそうな場所がない。

再度移動で、最初の漁港とは反対側の風裏港に入る。常夜灯下の1級ポイントは餌師が2名いる。まずはお土産をと、離れた位置から餌師周辺の明暗をドリフトステルス攻撃。フグでワームが返り討ちに。

諦めないで、港内の明暗を丁寧に探る。すると、餌師とは反対側の吹き溜まりの明暗でバイト。こんなところにいた。バイトが多いわけではないが、確実にいる。

漁港

やっとフッキングさせて上がってきたのは、20cmのアジ。テッテレー。

アジ

アジも溜まっているわけではなく、一定の範囲を回遊しているようだ。回遊してきたときに上手く通すと、バイトがある。しかし掛からない。掛けても外れる。結局時間切れでお土産は2匹。

今日はノーシンカーフックにチヌ針を使ってみたが、丸セイゴの方が圧倒的に吸い込みがよい。これからは、ノーシンカーは丸セイゴのみでいこうっと。

帰り際、この漁港でもエギをキャストしてみたが、イカの姿を見ることはできなかった。待ってろ、アオリ。シーズンオフまでになんとか掛けてやる。ではまた、次のランガンまで。ん?いつものアジングと同じ?いやいや、エギング練習です。

釣果

戻る

inserted by FC2 system