房総ソルトゲーム迷走伝 〜ランガンリポート〜

外房・某港でアジング7&エギング練習

横区切り線

先々週のニューロッド試運転がトラブル続きで不完全燃焼。先週から10月まで、各週末が忙しくなってしまったので、今回も金曜日にランガンすることに。会社はプレミアムフライデーを導入してないが、なんだかんだと言い訳し早退。

前日、房総は記録的な大雨に見舞われ、流れ込みのある漁港や河川の近くは激濁りだろうと、濁りに強い漁港オンリーに決めてIN。海面を見てみると、そんなに濁っていない。普段より若干という程度。激澄みより全然よい。

先行のアジンガーに声をかけると、夕マズメにアジが回遊していたが、今はパッタリ。餌師も止まってしまったと。ここで、対岸を見てみると、いつもより人が少ない。こういう時は、対岸に行ってみましょう。

対岸

対岸でしばらくエギングをやってみたが、全くダメ。Dr.Kの腕がないのだろう。アジングに変えようと、ポイントを探す。こちら側で常夜が灯っている箇所は1か所。しかも遠く。そこを狙えるのは一人。空いてました。

足下を何かが泳いでいる。結構ライズもあり、いい感じ。早速、0.9gジグヘッドたけちゃんを投入。すぐバイト。でも抜けてしまう。#12じゃフックが小さすぎるのだろう。#10のアジヘッドに変えると、フッキング。上がってきたのは、お馴染みのムツ。

ムツ

ここから、ムツ爆モードに突入。数匹ゲットしたところで、今日はチャンスといろいろなことを試し始める。ワームのカラー、ジグヘッドの重量を順次チェンジする。カラーの違いはほんとど出ないほど、活性がよい。流石にジグヘッドを重くしていくと、バイトが減る。

ジグヘッドを重くしていく途中、沖合を照らす常夜のちょい先でアジがヒット。もしやと思い、スプリット+ノーシンカーフックにチェンジし、ちょい遠投してみる。これがビンゴで、ポツポツ、アジがヒットする。

アジ

ムツとレンジは変わらないが、溜まっている箇所がずれている。アジがヒットしない時は手前で必ずムツがバイト。アジは途中で抜けたり、最後にポロリも多かったが、ムツとは違うバイトを久々に楽しめた。

ノーシンカーフック ムツのアベレージは15cmくらい。20cmを超えてくる奴は、強い引きで何度もドラグを鳴らす。咬み切られないようにリーダーの先を編み込んである。20cm超えは刺身もいける大きさで、楽しさ倍増だ。

それにしても、スプリット+ノーシンカーフックの効果は絶大だ。シンカーを軽くトゥイッチし、ワームを引いたあと、シンカーとフックを繋ぐリーダーを軽く張るイメージのアクション。トゥイッチ後、ワームを瞬間、サスペンドさせてる感じ。

うまく表現できないが、いわゆるL字のようなアクションで、ノーシンカーのワームを一瞬サスペンドさせると、アジもムツもその瞬間にバイトしてくる。アタッた瞬間に乗せるようにロッドを引けば、自動フッキングだ。

シンカーの付いたジグヘッドとは、明らかに喰いが違うのだ。しかし、これがリトリーブやフォールとなると全く駄目。回転してしまうなど、フック、ワームが安定しないのだろう。

ムツは10匹確保した時点ですべてリリース。まだまだ釣れるが、時間が来たので帰ることに。帰り際、もう一回エギングにトライしてみたが、何も起きない。こちらはまだまだ練習が必要だ。ニューロッドを使う機会が少なかったので、次回はニューロッド縛りで挑戦してみようかな。

釣果

戻る

inserted by FC2 system