房総ソルトゲーム迷走伝 〜ランガンリポート〜

外房・某港で練習5

横区切り線

夏、最後のランガンも平日を選択。夏休みをフルに活用している。今日も明るいうちはメタルジグで、暗くなってからジグヘッド。

今日のジグヘッドの練習場所に選択したのは、大きな潮通しのよい漁港。まずはヘチをフォール&リフトで探っていく。岸壁の変化点、漁船のシェード、排水口と漁港全体を歩く。

今日は、この漁港では珍しく水が死んでいる。浮遊物や泡も多く、赤潮の手前みたいな感じ。帰路はメタルバイブをキャストしながら戻ってくるが、何も起こらない。

1時間半やってメタルジグは終了。というか、今日ここで魚釣れるのか。サビキの方も釣れていない様子。潮止まりの時間を使って、常夜灯下に移動する。0.2gJHのスプリットにラインシステムを変更。

暗くなり始めから20時まで、キャストし続けたがアタリは全くない。餌師の方にはアジがポツポツ上がっている。水面下には10p弱のアオリの新仔がたくさんいる。イワシらしき魚も回遊しているが、ワームには見向きもしない。

漁港

16時半から20時までやってノーバイト。水色の悪いこの漁港は諦めて、反対側の漁港に移動。反対側だけあって水はきれい。アジンガーに人気のないこの漁港の港内には、人がほとんどいない。

常夜灯下の小突堤に陣取り、明暗部にキャスト開始。中層まで沈め、L字をイメージしながら引いてくると、今日初ヒット。上がってきたのはムツ。

ムツ

右から左に風がかなり吹いており、キャストと同時に流される。JHを沈めるため、ドリフトっぽく送り込んでいると、またもヒット。やっぱりムツ。

ぽんぽんと連チャンしたが、風が弱まると同時にバイトがなくなる。表層をアジの群れがたまに回遊してくるが、スピードが速く、その中にJHを通せない。

どの明暗を通してもバイトがないので、もしやと思い、少し離れた箇所から今いた小突堤の際を通すとヒット。やっぱり足下にいた。

小突堤

その後、その箇所で2、3度バイトがあったが掛けることができず、全くアタリがなくなってしまった。

数匹ゲットしたし、今度は重めのJHで遠投したらどうだろうかと、試しはじめたらライントラブル発生。使い回したラインだったため、糸巻き量も少なく、どうにもならずにジ・エンド。少し早いが21時半で終了した。

夏の練習ランガンはこれにて終了。マイクロメタルジグ、ジグ単、極軽量JH・ノーシンカーフックのスプリットと、使い方が判ってきた。秋はベストシーズンだが、公私ともに忙しい。隙間をぬって練習するしかないな。

釣果

戻る

inserted by FC2 system