房総ソルトゲーム迷走伝 〜ランガンリポート〜

外房・某港でメバリングからアジング4

横区切り線

3月に突入した。今年は例年に比べ水温が下がらない。ということは、アジは引き続き釣れ続くのだろうか。そして、ライトゲームを始めた目標の1つ、メバリングにも挑戦したい。いろいろな思いをもって、外房へ向かった。

地酒「鳴海」 今日は午前中、病院で診察。潮止まりは16時前後。昼過ぎからゆっくり出発した。最初に向かったのはもちろん酒蔵。青と白をゲットした。さあ、これで美味い地酒は用意できた。あとは肴(魚)だけだ。

現地着は16時。例によって漁港を散策。風が強いし、人も多い。各堤防先端や人気岸壁には餌師が入っている。そこは諦めアマモやカジメの状況を見て回る。適度に群生している箇所でウインディサイドとなる場所をピックアップ。16:30に開始した。

初めはスプリットリグにオフセットフック。人生初のメバリングに挑戦。しかもデイメバリング。ラインは2.5lbに換装してある。海藻を直撃する。オフセットフックは、海藻の中を通しても取られない。引っ掛かったようでも、ゆっくり竿を起こせば抜けてくれる。

港外は潮の流れも速く、思うようにリグが沈んでくれない。港内に的を絞って狙ってみる。 海藻の間を抜けてくると、何かアタリ。掛からない。周辺を何度か繰り返すと、またもアタリ。が、掛からない。ワームは無事なのでフグではないらしい。オフセットフックの合わせ方が今ひとつよく分からない。

その場はアタリがなくなってしまったので、港内の海藻のある場所を移動し続ける。しかし、アタリはその場だけで、今日のメバルは諦めることに。水温も高いし、日も暮れ始めてきたので、アジングに変更。漁港も移動した。

途中トイレタイムを取ったが、勝浦や興津のトイレはランガンに嬉しい。小湊も駐車場の外にトイレがあると優しいが、ランガン中のトイレだけは寄りづらい。

興津海浜公園

さて、いつもなら北上するところだが、今日は南下。アジングでも人気のある漁港に行ってみた。人がいっぱい。車もいっぱい。船道のたくさんの電気ウキを眺めつつ、船揚げ場で開始する。しかし、アジの気配が全くしないので、すぐ撤収。夕マズメを失った。てか、この港は夕マズメより朝マズメに実績ってのが過去のパターン。今も変わらないのかな。ネットの情報より自分の経験だ。

マズメ時を外した夜となるといつもの港へ。場所変えで一路北上。19時過ぎからキャロリグで再開した。レンジを調査していると、想定どおりのレンジでアタリ。無事1匹目確保。しか〜し、ここで予想外に写真撮りに手間取ってしまう。アタリがなくなってしまった。完全なる油断。

小アジ

港内を場所移動。すると軽いキャストの第1投でアタリ。想定外にびっくりして合わせを入れすぎて乗らない。またも油断だ。その後、アタリが遠のいてしまった。再び場所移動。アタリがない。更に場所移動。アタリがない。

結局、元の場所の近くに戻って再キャスト。すぐアタリ。が痛恨のラインブレイク。リーダーがジグヘッドのところで解けている。何をやっているのか。その後、アタリはまたパッタリ。水位も激下がりで潮止まりも近づいてきたし、これにて終了。

アジ1匹を持ち帰ってもしょうがないので、隣で投げサビキをされていたカップル(夫婦?)に献上して帰路に着いた。アジングに慣れてきたDr.Kに戒めとなる1日だった。メバリングももっと練習しよ!

戻る

inserted by FC2 system