房総ソルトゲーム迷走伝 〜ランガンリポート〜

外房・某港で穴釣りからアジング

横区切り線

用事や荒天でなかなか釣りに行くことができなかったが、その時間を利用して、いろいろイメトレしていた。今日はその成果を試すべく、ライトゲームでもできる穴釣りからのアジング。昼の干潮時を穴釣りで遊び、マズメからアジングという寸法だ。

ゴロタ場

外房を鴨川方面に下り、漁港周りで適当な穴を探す。ロッドとリールはいつものアジング仕様。リールには2lbラインを巻いてあるが、今日は6lbラインを10m弱、上巻きした。

早速、3gのジグヘッドを良さそうな穴に落としてみる。と、すぐさまアタリ。が掛からない。2gのジグヘッドに変え、フックの番数を下げてみることに。その穴ではアタリがなくなってしまったため、次から次へと穴を換えていく。

すると、待望の1匹目。手のひらサイズのアカササノハベラ。食べない魚はお帰りいただく。その後もアタリは結構あるが、掛からなかったり、掛かっても根に潜られ、出てこない。自分の下手さ加減がよく解る。

ベラ

根掛かりによるジグヘッドの消耗も激しい。上手くはずせることも多いがロストも想像していた以上だ。手持ちが減ってきて1.5gのジグヘッドにすると、潮に流されてしまい、うまくコントロールできない。

結局、イシガニを1匹追加して15時に昼の部の穴釣りは終了。6lbラインをはずし、本番、夜の部へ向け休憩。

夜の部は年末から好調、かつ、これまで様々あった、いい意味でも悪い意味でも有名な某港へ。しかし、噂どおりの混雑ぶり。これはトラブル必至の状況だ。こんなところでは釣りをしたくない。 折角、日常の喧噪を離れ、リラックスする場であるはずが、還って気を遣ってしまう。Dr.Kの釣りは釣果も大事だが、それ以上にのんびり楽しめることが重要だ。トラブルに巻き込まれるのはご免だ。さっさと次の場に向かう。

某漁港

どこの港を回ってみても、今日は某漁港以外、人が少ない。人気堤防の先端に簡単に入ることができる。嫌な予感。マズメ時を過ごす漁港を決め、船道に向かってキャストを繰り返すがアタリすらない。他の釣り師も対岸の岸壁に餌師が一人のみ。 1時間粘ったがアタリすらないので撤収。餌師の方も同時に撤収した。全く駄目とのこと。

その後、HGに立ち寄り、20時半まで粘ってみる。周りの餌師の方にはジンタがポツリポツリ。掛けるのが難しそうなサイズだ。コッというアジのアタリは1回きり。掛けることができない。 あとはフグの猛攻であった。帰り際、隣の餌師の方に棚を聞いてみると、2ヒロ。HGにしては激浅だ。

Dr.Kの腕も全然足りないが、アジングは奥が深い。イシガニの味噌汁と晩酌。最高!

イシガニ

戻る

inserted by FC2 system