房総ソルトゲーム迷走伝 〜ランガンリポート〜

外房・某港でアジング

横区切り線

たった2日間の練習で無謀にもデビュー戦を迎えた。半日休をとって向かったのは鴨川周辺の外房某港である。初のランガンスタイルで港に立つ。少し気恥ずかしい。

ラインは2日前に2lbのフロロに巻き替え、馴染ませてある。基本に忠実に1gのジグ単を選択し、ワームは蛍光ピンクの月下美人をチョイスした。かなりの澄み潮であったのだが。(この時のDr.Kは天気、潮の状況に合わせてカラーチョイスする知識など持ち合わせていなかった。)

港内の潮通しがよい場所、船揚場の落ち込み、岸壁のヘチなどを狙い続けるもアタリすらない。ジグヘッドをマイクロメタルジグに変えても同じ。そうこうしているうちに日が暮れ、時合いに突入。港内奥の常夜灯の下に移動し、キャストを続けていると、突然奴が現れた。アジではない。パトラッシュ、いや、バックラッシュ!暗闇を突き、奴は着実に近づいていたのだった。この大事な時にと思いつつ、解こうにもどうしようもない。意を決してラインを切断すると、目の前を魚の大群が進んでいく。なんてことだ。

暗がりの中、何とかラインシステムを組み直し戻ってきたが、次なる試練が待っていた。先日、ラインを巻き直した時、それまでの2.5lbのラインを下巻きに使った。ラインが減った分、その結び目が引っ掛かり、いくらキャストしてもどうにもラインがスムーズに出ていかない。極細ラインのライトゲームに潜んでいた罠に気がついた。

Dr.Kはここで不覚にも今日のゲームを一旦諦めた。今後のため、各ポイントを偵察することに決め、勝浦方面に向け釣場を転々。夜間の状況、常夜灯の有無などを調査。しかし、最後にJr.Yとお世話になっていた大きな港に立ち寄った際、懐かしさとその雰囲気の良さにどうしても諦めが付かなくなっていた。

再度ラインシステムを解き、結び目が駄目ならと下糸を残して全て除去。30m程度の下糸のみで再アタックした。1gのジグ単、5Bガン玉のスプリット、どれもきれいにラインが出ていくではないか。ガン玉もリーダーの結び目で止まる。港内くまなく夢中になってキャストし続けた。

それでも、この日のアジは冷たかった。喧嘩中のMrs.Cよりも冷たかった。他のアジンガーも「厳しい」と言葉を重ね立ち去っていく。惨敗である。餌釣りの時より、気軽に声をかけてくださるアジンガー達の優しさだけが救いのDr.Kであった。

帰宅後、Jr.Yが一言。「何、やってんだ。」

戻る

inserted by FC2 system