房総ソルトゲーム迷走伝 〜ランガンリポート〜

内房・某港でキャスティング初練習

横区切り線

今日は人生初のソルトルアー。アジングの道具が新たに調達できたことから、キャスティング練習のため、出勤前に職場近くの港へ。

内房某港

港到着は7:20。昼はハゼ釣りなどで賑わっているが、今朝は誰もいない。ロッド、ジグヘッドの準備を済ませ、早速、河口にある港口へ第1投。1gのジグヘッドに蛍光ピンクのアジングビーム。10m強ぐらいの飛距離だろうか。練習ということで、シマノソアレCI4+には2.5lbのフロロを巻いてある。

ロッドアクションは二の次。まずは兎に角キャスティング。馴れてくると飛距離は15mを超えるようになった。しかし、こんなものなのか。極細ラインを使う理由が何となく分かったような気がする。

キャストを続け、レンジを変えてみても、当然ただ巻きのワームには当たりすらない。

次に重さを変え、3gの小さなメタルジグをキャスト。20mを優に超え、飛んでいく。たったこれだけで、随分違うものだ。キャストが楽になった分、緩急を付けながらゆっくり引いてみる。ルアーが重い分、ラインテンションも解り易い。

と、その時ガツガツという当たりが。慌てて合わせるとヒット!ゆっくり上げてみると、手のひらサイズのメッキだ。人生初のルアーによる獲物に、よくぞかかってくれたと手を合わせながら見送った。「食べるために釣る」がモットーのDr.Kだが、今日は練習。新調した道具へ鱗付けもできたし、丁重にお帰りいただいた。

その後、一回り大きいメッキがヒットするも、こちらは足下でお帰りになられた。時間も8:15。ライトゲームに微妙な感覚を残しつつ、出勤のため港を後にした。

戻る

inserted by FC2 system