趣味を楽しむDr.Kのホームページ

− 房総ソルトゲーム迷走伝 −

このサイトは、主にDr.Kによるソルトルアーフィッシングの迷走の記録である。これまで餌釣りしか経験のないDr.Kが、迷走しながら見よう見まねで挑戦する。ただ、‘食べるために釣る’という原点は何も変わらない。
房総で迷走しているDr.Kを見かけたら、その時は優しく励ましの言葉をかけてください。σ(^^)

当サイトはJavascript、CSSを使用しています。 文字サイズ:中で最適化しています。

横区切り線
縦区切り線

Dr.Kのソルトゲーム

リストマークお役立ちグッズ

ランガンするに当たり、できるだけ身軽でコンパクトにというコンセプトのもと、様々なツール、グッズを用意しているが、実際にランガンしてみて、有ってよかった、無いと困ると思うお役立ちグッズを紹介する。

リストマーク老眼対策

Dr.Kは老眼である。字を読むときや細かい作業では、眼鏡がないと何もできない。普段は必要ない。ランガンに老眼鏡?デイゲームでは偏光グラスも使用する。邪魔だ。

フリップ・フォーカル そんな時にはこれ。

  • ティムコ フリップ・フォーカルX2.25(アメリカ製)

2.25倍の拡大鏡で、帽子のつばに簡単装着。使わない時は、つばの裏にフリップアップ。必要な時にレンズをフリップダウンし、焦点を合わせるだけ。偏光グラスをかけたままでも大丈夫。これが無くなったら、ランガンは即中止の超重要アイテムなのだ。老眼鏡は持って行かないよ。

リストマーク防寒対策

外房は真冬でもアジが釣れる。朝マズメは0℃前後まで下がるため、餌釣りではキャンプ用ストーブを用意することもあったが、ランガンではそうはいかない。

衣類による寒さ対策で大事なことは、温まった血液を冷やしてはいけないこと。足や腕がラジエターになってはダメ。インナーでしっかり血液を温めていれば、足先、指先も大丈夫。

インナー そこで、Dr.Kが使用しているのは、ハヤブサ フリーノットシリーズの

  • レイヤーテック
    • エキスペディション厚手 シャツ
    • エキスペディション厚手 タイツ
    • ソックス厚手
  • フォーオン ネオプレングローブ3本カット

いずれも、光電子(こうでんし)繊維を使用している。光電子繊維は、人の体から出ている体温を吸収し、遠赤外線を効果的に体に輻射する素材なのだ。汗などの水分に反応してから温まる繊維と違い、着てすぐ温まる。というか、極寒では汗を掻きづらい。

もちろん、これに冬用のウエア、ネックウォーマーやダウンなどを重ねていくが、たくさんの重ね着は動きを制限してしまう。これらを着ているか着ていないかで全然違う。高価なものなのでランガンでしか着ない。

リストマークガルプ対策

ガルプ!これまで使用した感じでは、間違いなく有効。カラーによる差は大きくでるが、状況に違和感のないカラーであれば、他を凌駕する実力をもつ。

しかし、難点がその臭い。液体が衣服や車内に拡散したら大変なことに。元のジッパーは何の役にも立たない。様々な容器が販売されているが、多かれ少なかれ液漏れがあるらしい。

投薬瓶そこで、Dr.Kはこれ。

  • 金鵄製作所 小判型投薬瓶(無地) 30ml

瓶といっても、材質はポリプロピレン。明邦のLサイズのケースにピッタリと収まるのもよい。ワームの取り出しは100均のピンセット。投薬瓶だけに、日常使いでは全く問題がない。

極寒の時は寒暖差で若干液漏れするが、ケース内に紙を敷いておけば、問題がない程度。Dr.Kは匂い系のワームはすべてのこの瓶の中。

横区切り線

リストマークページの一番上に戻る

HOMEへ

 
inserted by FC2 system